イベントevent

【講演】開発力白書2012出版記念 『明日へ向かう製造業のリ・デザイン』開催報告

終了
日時 2013.2.4
会場 京王品川ビル 〒108-0075 東京都港区港南2-17-1
レポート

 「開発力白書2012」(出版文化社)の書籍発刊を記念し、2013年1月29日に、開発力白書2012出版記念講演 『明日へ向かう製造業のリ・デザイン』~1万人の技術者の開発力調査から見えた今、そして未来へ~を開催しました 。

当日は製造業を中心としたマネジメントクラスの皆様に多く参加いただき、盛況のうちに終了いたしました。参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

本講演では、今後グローバルに勝ち残っていくためには、製造業の今をしっかりと現状把握することがまず必要であることを訴え、本書の内容である10,000人の技術者から調査したデータの他、日本、海外の強み・弱みを、現場で見てきた観点や経験を加えて現状を明らかにしました。その上で、今後日本製造業が勝ち残っていくための未来の方向性を示しました。

また今回、グローバルで成功している企業の新興国戦略を、BRICSやアジアなどに現地視察を行いながら研究されていて、iTiDとも親交の深い東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC) 朴先生にご講演いただきました。

アンケートでは参加者の皆様から

 ・現状を打開できる方向性を教えていただけた。
 ・どういった観点で市場を見ればよいのか、考えれば良いか具体的に説明していたので良かった。
 ・定量的に分析し、成功要因を導き出されたことに感銘した。十分に説得力がある内容であった。
 ・自社の開発に対する切り口を知る事ができ、大変参考になりました。

などのコメントをいただきました。

講演終了後に懇親会も行い、多くの意見交換が行われ、皆様の意識の高さが伺えました。iTiDは、今後も講演などを通して日本企業の成功、成長に貢献できるような情報発信を続けていきます。どうぞご期待ください。

<朴 英元先生 ご講演の様子>

<リ・デザインについて語る弊社福嶋>

資料請求や説明のご依頼は、フォームよりお気軽にご連絡ください。

資料ダウンロードはこちら