用語集glossary

解析主導型設計

ALD(Analysis Lead Design)と同義。
最適な設計案を選択するために変更自由度の高い開発上流から事前検証を重点的に実践する開発手法。構想段階から要求仕様と達成度を明確化し、コンピュータ上で数多くの事前検証を実施してから詳細設計に進むための設計案を選択する。
解析の活用は多くの企業で進んできているものの、詳細設計後の確認検証にとどまっている場合が多く、その効果は限定的になっている。一方、解析主導型設計では、上流から取り組むことで手戻り削減による開発コスト・期間の劇的な改善のみならず、競合他社を凌駕するイノベーティブな製品開発を可能にする。
ただし、製品全体を表現するシステム解析モデルが必要であり、その構築には、高度な実験・解析技術が求められる。iTiDはモデル構築に至るまでの考え方のフレームワーク構築とそれを活用した設計案創出の双方で、お客様を支援している。

資料ダウンロードはこちら