用語集glossary

CAD

コンピュータ支援による設計業務を指す言葉だったが、転じて主に設計支援ツールを指すようになった。Computer Aided Designの略。
主に図面作成を目的とした2次元CADとコンピュータ上に立体的なモデルを作成する3次元CADがある。
3次元CADを活用することでコンカレントな商品化プロセスを実現することが可能になるが、3次元CADの利用方法としては作図ツールとしての利用がメインとなっている。従来プロセスを変革するには、3Dモデルの活用方法やデータの受け渡し方法などの詳細な取り決めが必要となる。
iTiDコンサルティングでは、3次元CADを活用し設計業務と関連する部門を含めた新しい設計プロセスの構築や設計標準化などの支援を行っている。

資料ダウンロードはこちら