用語集glossary

シックスシグマ

事業経営の中で起こるミスや欠陥品の発生確率を、6σ(100万分の3.4)という極めて小さいレベルにする事を目標として推進する継続的な経営改革活動のこと。日本で定着しているTQC(総合的品質管理)を基に、米国モトローラ社が欧米型のトップダウンにアレンジしたものである。シックスシグマでは、「MAIC」(Measurement, Analysis, Improvement, Control)のプロセスと、ブラックベルト・グリーンベルトと呼ばれる統計解析の知識を持った推進者の指導の元で改革が進められる。
iTiDコンサルティングでは、シックスシグマの考え方に基づき、Measurementプロセスの一環として、製品開発プロセスの現状を定量化・可視化する独自の手法である「iTiD Index」を活用し、Analysisの手段としてDSM(Design Structure Matrix)を採用している。

資料ダウンロードはこちら