用語集glossary

SWOT分析・クロスSWOT分析

組織のビジネス環境を包括的に抽出するための分析手法。
内的環境としての組織の強み(Strength)と弱み(Weakness)、外的環境である機会(Opportunity)と脅威(Threat)を幅広く抽出し、戦略レベルの意志決定に活用する。

SWOT分析で得られた内外環境は、組織目標の検討時の重要な情報となる。
また「クロスSWOT」では内外の視点を組み合わせ、外的環境に対する組織特性にあった対応策を抽出する。
これらの多面的な理解により、市場での組織ポジショニングがより明確になる。
SWOTの抽出時には客観性を保つため、全利害関係部門が検討に加わるべきである。
技術戦略立案や商品企画でも、これらのビジネス環境の分析は重要である。

iTiDでは、企画フェーズでの支援活動でSWOTを活用し、立案精度の向上を図っている。

資料ダウンロードはこちら