用語集glossary

MECE

ロジカルシンキングの基礎的な考え方であり、論理的な問題解決の際には必ず用いる考え方。直訳すると”相互に排他的、且つ、網羅的な集合”であり、モレ、ダブリともに無い状態のことを指す。読み方は「ミーシー」または「ミッシー」が一般的。

ブレインストーミングでアイデアを出したり、思いついたアイデアだけで問題解決を進めてしまうことは珍しくない。しかし、検討モレによる手戻りやダブリのある検討による時間の浪費はもったいない。そこで、モレ・ダブリともに無いフレームワークを用いることで効果的な問題解決が可能になる。

iTiDでは主に技術ばらしの要件フレームワークの設定や製品機能の抽出にこの考え方を応用しているほか、 業務プロセスの分析やその他様々な問題解決のためにも活用している。

資料ダウンロードはこちら