コンサルティング事例 case study

これまでの商品の延長線上にない3~5年先を見据えた「新しい価値」の創造 総合家電メーカー様

背景・課題

競合とのスペック・価格競争に追われ、顧客ニーズをくめない要素技術開発

これまでの要素技術開発は技術的な方向性やトレンドによってのみテーマが決められており、必ずしも顧客ニーズにマッチしたものになっていなかった。
また、製品開発を行う事業部は直近の開発に追われて、中長期的な視点での取り組みができておらず、競合とのスペック・価格競争に陥っていた。

プロジェクトの目的・ゴール

目指すべき中期的な価値の方向性の合意

「顧客が喜び、売れる」商品を継続的に投入し続けるために、自社として目指すべき中期的な価値の方向性を合意し、各部署がそれに向けた研究・開発を行うようにする。

施策と手順

実施事項(1)「場面」に着目した顧客の潜在ニーズ探索

顧客ニーズを知ろうとすると、一般にはアンケートやインタビューなどの調査手法をとることが多い。 これらの手法は現状製品の改善点を知るには有用な手法ではあるが、その延長線上以外のモノが出る可能性は低く、新規開発テーマの探索(新たな価値を持つモノの開発)にはその効果を発揮しづらい。 本プロジェクトでは製品そのものではなく、顧客が製品を使っている「場面」に注目し、その中でどういった潜在ニーズがあるか、iTiDが持つ独自のフレームを活用し探索を行った。製品の枠を取って考えることにより、これまでの開発テーマでは見られなかったような幅の広いニーズ(潜在ニーズ)を抽出することができた。

実施事項(2)顧客に提供していくべき価値の創造

新たな価値創造を行うために提供した市場データ例

図 iTiDが提供する市場データ例

今後開発していくモノを考える際に現在の市場ばかりにとらわれていては、製品を販売するころには陳腐化してしまうおそれがある。それを回避するためには、数年後を予測することが必要になるが、未来の市場を完璧に予測することはできない。 ただ、どんな変化にも兆候があり、それを的確にとらえることにより、予測の精度をあげることができる。また、市場を考える際にはそのまわりの環境を考えることも必要である。 政治や経済、地球環境や技術トレンドなど、市場を取り巻く環境の変化を、iTiDがデータベースとして持つ様々な市場データから複数の未来環境予測を提示した。

新たな価値創造を実現するK-Matrix法

図 K-Matrix法(イメージ)

ここまで考察してきた顧客の潜在ニーズと未来環境予測から、「K-Matrix法※」を用いて「未来の顧客に対して提供すべき価値」をワークショップ形式で発案した。これにより、これまでの延長線上ではない多くの価値を創造した。
※K-Matrixとは、世の中のヒット商品コンサルティングコンサルティング事例 とコンサルティング実績からiTiDが独自に考案した発想手法である。

実施事項(3)未来の顧客に対して提供すべき価値の社内合意

価値ロードマップ例

図 今後会社が進むべき方向を示す「地図」
(価値ロードマップ)例
※画像をクリックすると拡大します

要素技術開発、製品開発、マーケティングは三者一体となって製品開発が進められるべきであるが、それができている会社は少ない。 それには様々な要因があるが、一つの要因として、時間軸のずれがあげられる。変化の激しい現在においては、この隔たりが製品開発のスピードを妨げる阻害要因になりかねない。 本プロジェクトにおいては、これらの三者が一同に介し、提供する価値の方向性について合意した。 まず(2)で発案した価値について、市場規模や将来性、会社の資産や理念との合致度等を考慮し、絞り込みを行う。 さらにこの絞り込まれた価値を内容からグルーピングし、それぞれどの時期に上市すべきか検討を重ね、未来の顧客に対して提供すべき価値の方向性を「価値ロードマップ※」にまとめた。
※価値ロードマップとは、今後会社が進むべき方向を示し、要素技術開発ロードマップや、製品開発ロードマップを考える際に指針となる「地図」である。策定段階でiTiDのコンサルタントが持つノウハウを詰め込んでいる。

成果

部門の壁を越えた新しい価値の創造

要素技術開発、製品開発、マーケティングの3者が自社として目指すべき中期的な価値の方向性、それも既存の延長線上ではなく、新しい価値を創造し、合意した効果は大きい。
これまで動くまでに多大な労力を要した社内の壁が取り払われ、このメーカーは新たな第一歩をスタートさせた。このメーカーから「顧客が喜び、売れる」製品が発売される日は近い。

担当コンサルタントの声

各部門の意識を統一させたことにより、今後も協力して課題を乗り越える

「顧客志向」を目指すことはビジネスを行う上では当たり前のようで、実際に具体化することは難しい。商品開発に携わる現場は、どうしても現状の製品や競合他社の機能にとらわれてしまう。また、新しい価値を思いついたとしても、他の部署との協力なしに商品を作ることはできず、実現されずに消えてしまうことも多い。
本プロジェクトでは、iTiDのもつフレームワーク「K-Matrix」や「価値ロードマップ」を作成する過程において、会社が提供するべき価値について、要素技術開発、製品開発、マーケティングの3者がそれぞれ考え、共通の認識を持つに至った。意識を統一させたことにより、今後開発に課題が見えた時も協力して乗り越えることが可能となる。

こちらで紹介した以外にも、ソフトウェアプロダクトラインの構築、人事業務の課題設定、地方銀行におけるBPR、SIerにおけるCMMI認証取得など、 様々なコンサルティング事例をご紹介可能です。皆様の課題解決に向けて、お気軽にお問い合わせください。

資料請求や説明のご依頼は、フォームよりお気軽にご連絡ください。

_E[h͂