iTiDの特長features

経営者の皆様へのメッセージ

開発力の強化が、企業の深層の競争力をアップします。

製造業の役割はものづくりを通じて社会に貢献すること、すなわち人々を幸福にする価値を創造し、それを製品として世の中に提供することです。
従って、どの様な価値を創造するのか、どの様な手段で価値を提供するのかという事は企業にとって常に大きな命題ですし、その価値を最も効率的かつ安定的に生み出し続ける仕組み、組織、方法を考えることは経営者にとっての重要な課題のひとつだと言えるでしょう。

自動車の黎明期には、誰もが手が届く価格の国民車を大量に生産することは、社会に大きく貢献する価値ある企業活動でした。また、一昔前には、動力性能や耐久性を売り物にしていた時代もありました。現在なら、環境や人にやさしいクルマ、安全性の高いクルマをつくる会社は社会から高い評価を受けるでしょう。家電品や携帯電話など我々を取り巻く製品や他の工業製品も、新製品のリリース毎に高機能化や信頼性や耐久性の向上などが進み、今ではそれらの項目は“あたりまえ品質”として捉えられるようになってきました。

このように、社会に貢献するための価値は時代によって変化するので、企業が事業を継続し競争力を維持していくには、つねに自らが新しい価値を創造し続けなければなりません。さらに、昨今ではその価値創造のサイクルはどんどん早くなり、多様化も劇的に進んできています。特に新興国市場では韓国や中国メーカのすばやい動きに日本のメーカが後塵を拝する例も散見するようになり、早いうちに手を打たなければ、今後もこの傾向はさらに加速していくでしょう。

すでに、多くの企業でこの価値創造の原動力となる「開発力」の強化、向上の必要性が、以前にも増して強く認識されており、開発プロセス改革やIT化投資、組織の再編成などを積極的に行う企業が多くなってきています。
開発力を向上するという事は、重要な経営課題のひとつであり、それを如何に行うかを決定し、推進することは経営者の役割です。また、現場サイドから見ても、実務をこなしながら開発力を向上するという事は、多くの時間と労力のかかる仕事であり、また、高度な判断が常に必要であるため、経営者の理解とリードなしでは継続的に推進し、成果に結びつけることは難しいテーマなのです。
我々iTiDコンサルティングは、皆様のパートナーとして、開発力の向上を通じて経営課題の解決を図ることが、創業以来の理念です。そのために優秀な人材をそろえ、日夜研鑽に努め、開発力向上、強化のための施策を皆様に提供し続けられるよう努力を重ねてまいります。今後とも、ご支援のほど心よりお願い申し上げます。

吉本敦

代表取締役社長

資料ダウンロードはこちら