用語集glossary

コアコンピタンス

自社が他の企業と比較した場合に、圧倒的に上回るレベルの能力、マネの出来ない能力を指す。
その対象は、製品だけではなく、製品を生むための技術、製品を売るチャネルなどさまざまである。
自社のコアコンピタンスを検討する場合には、主観的な評価ではなく、より客観的な評価が必要である。
例えば、自社技術のコアコンピタンスを検討する場合は、特許の数や論文の数ではなく、技術を使用している製品数、寄与度、ニーズと適合度など市場視点で評価すべきである。

iTiDコンサルティングでは、客観的な自社技術のコアコンピタンスの把握支援を行っている。

資料ダウンロードはこちら