課題解決メニューsolution

組織の創造性診断・構築支援

Innovation Canvas®を用いて組織の創造性を診断し、課題を抽出できます

 新規事業や画期的な新商品開発がなかなか進まないのはなぜでしょうか?担当者の経験や能力不足でしょうか?もちろんそういった要因もありますが、それ以上に大きな要因は組織構造や組織文化に潜んでいます。

 iTiDコンサルティングでは、創造性の高い、イノベーティブな組織の共通点から、どのような組織構造・しくみがあると新しいものが生まれやすいのかを抽出し、Innovation Canvasとしてまとめました。このフレームを用いることによって、新しいものが生まれない組織の真の課題がどこにあるのか、どこを改善すべきなのかを見極めることができます。

Innovation Canvas®


期待効果

コンサルティング実績例

テーマ
結果
次々に新製品が出るメーカーになるために
(機器メーカー)
近年、尖った新製品が出せず、過去製品の焼き直しや他社製品の追従に終始している。その要因を突き止めるため、複数の役員や現場リーダー、関係部署の声を集め、分析した。その結果、どの事業エリアも一律に売上重視の姿勢をとっており、チャレンジングに新しい取り組みがしづらい状況が判明した。適切なポートフォリオを組み、立ち上がり期の製品については組織目標として新しいものを優先して取り組むように変更した。
組織の創造性診断
(産業装置メーカー)
新事業を起こさなければならないが、組織としてチャレンジしづらい環境にあった。どこにその真因があるのかを、数百人のアンケートからあぶり出した。その結果を踏まえて組織変更とプロジェクトを立ち上げ、新事業立ち上げに向けて動き始めている。

活動の進め方概要

1 ヒアリング・調査の準備(対象・質問項目の設定)

  • 経営層から現場のリーダー、実働のメンバーを含めてヒアリング調査を設定します。
  • 現状のプロセスや部署の関係性を元に、対象ごとの質問項目を設定します。

2 ヒアリング・アンケートの実施・分析

  • ヒアリング・調査結果に基づき、新しい物を進める上での阻害要因の仮説をたて、検証します。

3 あるべき組織・プロセスの定義

  • クライアント様が新規事業や新商品開発を進める上で最適な組織、プロセス、評価指標を定義します。


資料ダウンロードはこちら